長野県木造住宅耐震診断士の資格を取得しました。

sikaku1.jpg

先日登録が完了して、証明書が届きました。

現在長野県では県と市町村が協力し、近い将来発生が予想されている東海地震などの大規模地震に備えて、住宅・建築物耐震改修促進事業(旧すまいの安全「とうかい」防止対策事業)を、県下全域を対象として行われています。

期間 平成14年~平成27年まで実施

これで毎年行われている町の耐震精密診断の仕事を自分で出来るようになります。


スポンサーサイト
2010.08.24 Tue l 仕事のこと l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ウチは東日本でもそんな地震来たら絶対にとうかいですよ(脂汗)

2010.08.24 Tue l JT/P. URL l 編集
JT/Pさん

昔の建物は今の耐震基準に当てはめると倒壊の危険があるとなってしまいます。
それは、昔は基礎も鉄筋が入っておらず、地震に対する揺れを抑える筋違いや、補強金物も無かった為です。

耐震補強は当事務所へお任せ下さい!
2010.08.25 Wed l Sky. URL l 編集
No title
Skyさん
きそもふくしまもですよ...www
俺で13代目ですからね。
江戸時代末期に建てられた建造物ですよ(笑)

母屋はまだ良いのですが、離れはめっさ怪しいッスよ。
外屋根のひさしを支えている柱に「筋交い」なんてものは見当たりません。
まさに「極道級」の建築物。松川村の某お大工さんが建てたしろもんです(脂汗)
まぁ、一応当方も前職で建築には携わっていたし足場組み立て解体作業主任技師も持っておりますのでいかに怪しいかは判断できておりますが....
これはSkyさんに見せてあげたい建物ですよ!!

「をいをい」間違いなし!
一刻も早く材木仕入れて筋交い入れないと震度4強喰らったら怪しいじゃないでしょうかね?
絶対潰れるッスわコレ(汗)
道具は一通りありますよ♪
トリマーまであるですよ(笑)
現在もそっと大きい丸鋸が欲しい所です
2010.08.25 Wed l JT/P. URL l 編集
JT/Pさん

江戸時代末期に建てられた建造物だなんて、歴史ある建物にお住まいなのですね。
このような古い建物は貴重ですので、実際見てみたいものですね~。

当事務所では耐震診断もやっておりますので、実際建物を見せてもらえばどれだけ倒壊の危険があるかわかります。
また、補強提案もいたしますので、耐震補強をお考えでしたら耐震調査いたしますよ。

しかしながら、解体作業主任技師も持っておられるとは・・・JT/Pさんは何でも屋ですね!
2010.08.26 Thu l Sky. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/564-72b60545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)