設K日記    





台湾研修旅行「高雄編」 旧高尾駅~高雄市立歴史博物館 :: 2009/03/02(Mon)

TE-1.jpg

TE-2.jpg
高尾駅旧駅舎

日本統治時代1940年に建てられた帝冠様式の建築で、プロポーションの整った美しい造りとなっています。
2002年新駅舎の建設に伴い保存運動から14日間かけて82.6m移動させ、現在は高雄願景館という資料館に生まれ変わっています。(背面にガラスカーテンウォールの資料館が広場に向かって増築されデザイン的にもうまく対比させています。)


TKH-2.jpg

TKH-3.jpg

TKH-4.jpg

TKH-5.jpg
高雄市立歴史博物館

1938年竣工(設計は清水組・大野米次郎)の高雄市役所で愛河のほとりに建ち、戦後も1992年まで市役所として使われていました。
高雄旧駅舎と同じく帝冠様式の建築で、ペパーミントグリーンの外壁がとてもおしゃれで目を引く建物となっています。
中に入ると大理石の円柱が広いホールを締めながら、外のシックなデザインとは反対に豪華な内部空間を造り上げています。

企画展示室のコーナーに、伊東豊雄+竹中・RLA2009年高雄世界運動会会場設計チームの高雄ワールドゲームズ2009メインスタジアムの模型が展示してありました。タクシーの運転手さんに聞いたら建物はすでに完成しているとの事でしたので早速見に行くことにしました。

「所長」


スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

  1. 台湾研修旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<台湾研修旅行「高雄編」 高雄ワールドゲームス2009~桃園空港 | top | スタジオ練習♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/55-b0a7b243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)