高田公園を散歩した後時間が来たので、今里隆建築作品写真展会場の小林古径記念美術館へ向かいました。

この「今里隆建築作品写真展」は小林古径邸登録有形文化財登録5周年記念として開催されています。

kokeib.jpg

ギャラリートークまで展示されている写真を見学しました。

-主な展示作品-
・両国国技館
・日本美術院
・京都南座
・池坊本部ビル
・平山郁夫美術館
・平山郁夫邸
・ヴィンセントゴルフクラブ仙台
・池上本門寺大客殿
・醍醐寺霊宝館
・醍醐寺伝法学院
・金田中
・竹茂桜
・松尾敏夫邸画室
・大平正芳邸

今里隆先生が来られギャラリートーク開始です。
今里先生から、これまで手がけられた建築を展示されている写真を見ながら説明していただきました。
直接写真を見ながら説明をしていただけるので、わかりやすく勉強になりました。

会場内は撮影不可だったので、ギャラリートークの様子が掲載できないのが残念です。
来ていたカメラに私もバッチリ映っていましたが、何のカメラだったのでしょうか。。

フランス・パリにある「ガルリ・ヨシイ」オーナーの吉井さんや、近代日本を代表する洋画家「岸田劉生」さんのお孫さんなど有名な方も来ており、充実した時間を過ごすことができました。


kokei1.jpg

美術館の側には「小林古径邸」があります。
せっかくなので見学してきました。

kokei2.jpg

小林古径邸は上越市出身の日本画家小林古径画伯の居宅を東京から移築・復原した建物です。
この建物は「吉田五十八」さんの設計によるもので、今里さんは吉田先生の研究室に勤務されていたご縁で、移築・復原工事にかかわり、監修役ともなった方です。

kokei3.jpg

復原には60余年を経過した部材や建具をそのまま使用しています。
数奇屋造りの歴史的にも貴重な建物で、細部にわたり歴史を感じられました。


kokei4.jpg

これは同敷地内にあるアトリエです。
中には作品写真が展示されていました。
玄関の吹き抜けには大きな梁が見てとれ、2階に上がると釘金物を使わない梁の組み方がよくわかりました。

この場所も内部は撮影不可なので外観写真のみの掲載となります。

高田公園周辺には見るところがたくさんあるので、1日楽しめますね♪


スポンサーサイト
2010.07.05 Mon l 建物探訪 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/516-b86c3783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)