設K日記    





「ぐるっと池田」街中ウォーキング :: 2009/11/10(Tue)

先日行われた信州・あずみ野 池田町「ぐるっと池田」街中ウォーキングの様子をお伝えします。

今回はガイド役に徹し、写真が取れずにいたので、ガイドマスターのT島さんから写真を送って頂いたのを掲載しています。

池田町街中ウォークは今年で2回目を向かえました。
一般参加者38名、ガイドマスター、事務局含めて総勢57名で行なわれました。


「コース」

池田八幡神社

 役居門、てるてる坊主の歌の碑、杉山巣雲の碑他(八幡神社内)

杉山巣雲・浅原六朗の墓

豊町観音様

池田宿・牛つなぎ石

林泉寺・稲荷神社

殿小路

旧信濃池田鉄道駅跡

若松城跡・御囲蔵

古久庄の蔵

浄念寺


wk20.jpg

参加者が多いので2班に分け、私は1班を受け持ちました。
八幡神社境内にあるてるてる坊主の歌の碑の前で説明です。
作詞者の浅原六朗は池田町出身の方で大正10年(26歳)の時に「少女の友」に中山晋平の作曲で発表しています。


wk18.jpg

街中に入り池田学問所の跡に来ました。
池田学問所は1788年(天明8年)に松本藩から杉山巣雲を師匠として招き、明治5年まで84年間続きました。


wk19.jpg

福源酒造の事務所です。
この建物は御囲蔵(1840年)を譲り受け再生して造られたものです。
またここは、松本藩戸田康長の隠居城(若松城)として造られましたが、第7代城主の死去により幻の城ともなった場所でもあります。

福源酒造株式会社事務所であるお囲蔵は当事務所が設計した建物でもあります。

福源酒造株式会社「お囲蔵」 完成写真・工事概要

朝9時から12時半まで半日のウォーキング(約3㎞のコース)でしたが、ゆっくり歩いて池田町の良さを十分知っていただけましたでしょうか?説明も不十分であったかと反省するところもありましたが、参加された方々からは「非常に良かったよ!」と声を掛けられ安堵しました。
「所長」


ここからはSkyがお伝えします。
T島さん、写真ありがとうございました!
とても綺麗に撮れています☆
2枚目の写真はCMっぽいく撮れており、所長がカッコよく見えます♪

観光協会さんのブログで街中ウォーキングの様子が詳しく掲載されていますので、リンク貼っておきます。
ぜひご覧下さい♪

長野県池田町観光情報による記事
ぐるっと池田街中散策 1
ぐるっと池田街中散策 2
ぐるっと池田街中散策 3
ぐるっと池田街中散策 4
ぐるっと池田街中散策 5

密着取材してくれた信州Liveon「いけいけ!いけだまち」による記事
街中散策ぐるっと池田


スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:地域情報

  1. 地域イベント
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<小さな幸せ | top | 現代和風の家 現場状況 1>>


comment

所長さんご苦労様でした

街中ウォーク、案内役ありがとうございました。私は街中の歴史には弱いので、今回ご一緒させていただき大変勉強になりました。また最近はほとんど通ったことがなく、子供の頃学校の帰りの近道として使ったなつかしい路地など、とても楽しかったですよ、町のもっと大勢の人に参加していただいて、自分の町のこと沢山知ってほしいですね!
 2班の尻についていたので、所長の写真少なくて、それに、そのつもりで撮ってなかったので、あまりいい写真でなくてすみません!!
  1. 2009/11/10(Tue) 19:21:12 |
  2. URL |
  3. ikedanochohcho #PDErSdxg
  4. [ 編集 ]

ikedanochohchoさん

街中ウォーキングでは記録係ご苦労さんでした。
いい写真送っていただき有難うございます。

一緒に同行した大町の方から、「池田は素晴らしい所があってうらやましいです。歴史も勉強できたし池田町の良さを改めて知ることが出来ました。」と言ってくれました。

今回は町内からの参加者が多かったようですが、池田町をもっと多くの人に知っていただき、もっと多くの方が我が町へ来てもらいたいものです。
  1. 2009/11/11(Wed) 17:43:58 |
  2. URL |
  3. 所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 所長さんご苦労様でした

ikedanochohchoさん、写真はいい写真ですよ。
適当に撮った写真でも綺麗に撮れてしまう腕があるのがikedanochohchoさんなのですきっと♪
  1. 2009/11/11(Wed) 20:34:35 |
  2. URL |
  3. Sky #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/290-dfd3f22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)