yana39.jpg
住宅棟

2階の小屋組まで建て方が進み、杉野地板を葺き始めました。
これで建物の全体像が表れ、明日の上棟式にはお施主さんから各部屋のボリュームも感じ取っていただけそうです。


yana40.jpg

垂木はアオリ止め金物で軒先を固め、巻き上げる風に対処します。


yana41.jpg

腰屋根は子供部屋と廊下に光を落とす役目と共に、子供部屋のロフトともなってきます。

久しぶりにキザミをプレカットせずに全て手加工した現場でした。
化粧梁が要所に現れるため、手加工の方が綺麗に納めることができます。

この現場を受けた工務店さんは材木店も経営されていることもあってこのような方法をとっていただきましたが、日本の建築技術を絶やさないためにも続けていって欲しいものです。


スポンサーサイト
2009.10.03 Sat l 林中の家Ⅳ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/256-b1a235a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)