設K日記    





林中の家Ⅳ 現場状況 4 :: 2009/09/07(Mon)

yana18.jpg

住宅棟
土間下からの湿気を防ぐ防湿シートも敷き詰められ、土間配筋が大分進んできました。


yana19.jpg

塀の基礎配筋も平行して行なっています。
住宅棟の土間コンクリートと一緒に、こちらのベースも打ち込みとなります。


yana20.jpg

M材木店の加工所にお邪魔して材木検査をしました。
(材木の種類、程度、寸法チェック、乾燥度など)


yana21.jpg

1階の主な部屋が真壁となるため、柱は杉の上小節程度の物を使います。
又、梁も表しとなってくる所が多くありますので、その確認もさせていただきました。
施主のご親戚となることもあって程度の良い材料が揃い感謝申し上げます。

プレカットはしないで、これから手加工に入っていきます。
最近は刻み加工がほとんどプレカット工場で処理されてしまい、大工さんの技術の衰退にも繋がってきています。
日本の建築技術の素晴らしさを絶やさず伝承していって欲しいと願っています。


スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 林中の家Ⅳ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<現代和風の家 パース | top | 林中の家Ⅳ 現場状況 3>>


comment

画像で見ると、家の建築現場って面白いですね。
色々な工程があって、それをちゃんと監督する人がいて・・、まるでオーケストラの指揮者みたいな感じですね。頑張ってください。
  1. 2009/09/07(Mon) 16:21:48 |
  2. URL |
  3. southfellow #pT6py8Ww
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

southfellowさん、こんばんわ。

確かにオーケストラに例えられるかもしれませんね。
大工さん、設備屋さん、電気屋さん、その他にも様々な方の力を合わせなければ家は完成しません。
なので、業者さんは出演者といえます。
私ども設計者は監督する立場ですので、指揮者にあたります。
そして、1番大事なのはお客様です。
これはまさに、オーケストラを見に来ている観客にあたります。

お客様に満足してもらえるよう、完成まで力を合わせ頑張っていきたいと思います。
  1. 2009/09/07(Mon) 23:07:28 |
  2. URL |
  3. Sky #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/231-3d237ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)