FC2ブログ
設K日記    

建築士の日々の出来事

国立西洋美術館

2020 - 03/06 [Fri] - 18:16

昨年用事で東京に出かけた折に見学した建物を2つ紹介します。

■国立西洋美術館

会館60周年記念「ル・コルビュジェ 絵画から建築へーピュリスムの時代」の展覧会が開催されていたので見て来ました。

この国立西洋美術館本館は20世紀建築の巨匠ル・コルビュジェが設計を手掛けたもので、2016年にユネスコ世界文化遺産の1つとして登録されています。この展覧会はコルビュジェ(本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ)が故郷を離れパリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点を当て、絵画、建築、都市計画、出版、インテリアデザインなど多方面にわたり活動した時代を振り返る企画展となっていました。

ksb1.jpg
正面玄関側


ksb2.jpg
側面より

コルビュジェ建築の特徴であるピロティの柱の上に四角い箱が載っている建物で、外壁の緑がかった玉石洗い出しPCパネルが印象的です。


ksb3.jpg

エントランスより建物の中心のホールへ誘導されると、三角形のハイサイドの窓から自然光が差し込まれ、吹き抜かれた高い天井に圧倒させられます。1階は主に建築模型の展示で2階にコルビュジェ(ジャンヌレ)と友人たちの美術品約100点が展示されていました。


ksb4.jpg

スロープを歩きながら変わりゆく景色を見て上がってゆくと2階展示室が渦巻き状に配置され、この先に何があるのかワクワクする動線となっています。中から外へと広がる展示方法は将来増設可能なようにと考えられています。

コルビュジェの近代建築の5原則
1、ピロティー
2、屋上庭園
3、自由な平面
4、自由なファサード(立面)
5、水平連続窓
この5原則が居住者の生活を豊かにしています。
※国立西洋美術館には屋上庭園・水平連続窓はありませんが、コルビュジェの代表作サヴォワ邸でよく分かります。

「所長」

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

Sky

Author:Sky
小林建築設計事務所スタッフのブログです。
ときどき所長も参加しています。
仕事のことから日々の出来事まで、その時に思ったこと、感じたことをつづります。

ホームページ
メール

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

検索フォーム

お気に入りブログ

ブロとも申請フォーム

おすすめサイト

QRコード

QR

カウンター