4月下旬から塩尻市で行われている「木造限界耐力計算法実務講習会」に参加しています。
講習会は全5回に分かれ行われています。
20日は4回目の講習があり、実際の建物を例にして行われました。

ssz.jpg

場所は塩尻市の「真正寺本堂」で、耐震設計や耐震診断による現地調査ポイントの説明をしていただきました。

木造限界耐力計算法は、伝統構法や非住宅のなどの一般診断では対処できない物件にも対応できるため、今後の耐震診断や耐震改修の業務に活かせていけたらと思います。


スポンサーサイト
2017.05.22 Mon l 研修、講習会 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿