現在当事務所はJW_CADを使って仕事をしております。昔Auto_CADを使っていた時期もありましたが、慣れればJW_CADは非常に使いやすいです。
Auto_CADは図面が自動で立ち上がり早いのですが、必ず修正箇所が出ます。その手間が結構時間がかかります。JW_CADは手書きに近い作業の為、理解しながら1つづつ書いていくので間違いもおきにくいです。また、グループ分けやレイヤー分けができるので、編集がしやすいのが利点です。一番の魅力はフリーソフトなので「無料」という事ではないでしょうか。
JW_CAD ダウンロード

Auto_CADも悪い分けではありません。一番の魅力は図面を3D変換できるので、視覚的にイメージがわきやすいです。ただ高額なソフトの為に導入するのをためらうのが現状です。

当事務所はお客様に設計イメージを伝える為に取り組んでいる事があります。
1、外観模型を作る。
mokei1.jpg
実際お客様に模型を手にとってもらう事により、現実感がわきます。


2、手書きで内観パースを書く。
zu1.jpg
内観のイメージがわく事と、手書きで書く事により味が出て、親密感がわきます。

お客様と一緒に造り上げる夢創りの形を目指し、より質の高い建築を造り上げたいと努力しております。
スポンサーサイト
2009.01.27 Tue l 建築知識 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/16-4d4d8ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)