ig121.jpg
居間・食堂

居間部分は吹き抜けとなっており、開放的な空間となっています。


ig122.jpg

柱は桧、梁は唐松、天井板は杉を使い、木のぬくもりのある県産材使用住宅となっています。


ig123.jpg

1階寝室

天井はシナ合板張りとし、化粧で梁を見せています。
窓は小さくしていますが、部屋西側吹き抜け上部の窓から風と光を入れる工夫をしています。


ig124.jpg
老人室

落ち着きのある和室となっています。
建具にはアクセントに和紙調のクロスを貼りました。


ig125.jpg
廊下

広々した廊下には小物収納棚、大きな荷物も入る大容量の納戸も設けられています。
廊下の一部にはサンホールが設けられ、多用途に利用できます。


ig126.jpg
トイレ

階段下に設けられたトイレは構造的に斜めの天井となりますが、一般的なトイレよりも奥行きと幅をとり、圧迫感がないように工夫しました。
奥行きをとったことにより、棚も余裕をもって取り付けができました。


ig127.jpg
2階寝室

2階の寝室は将来のことも考え、若夫婦室と子供室を2部屋とっています。
こちらも天井に木を使い、ぬくもりが感じられる部屋となりました。


小林建築設計事務所


スポンサーサイト
2014.10.31 Fri l 住宅建築 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿