設K日記    

建築士の日々の出来事

諏訪湖花火大会 恐怖の現地レポ

2013 - 08/16 [Fri] - 13:26

昨日は毎年恒例となる諏訪湖の花火大会に行って来たのですが、ニュースでも報道されているように大変なことになりました!

今年は綺麗な花火を撮ろうと、一眼レフカメラと三脚を準備していたのですが、写真を撮る状況ではなかったので、文章だけでお伝えします。

夕方4時くらいに諏訪湖に着き友達グループと合流したのですが、着いたとたん強風と共に強い雨が降って来ました。
隣にいたグループのテントは風で飛ばされ、女性はあまりの風で転倒していました。

バーベキューどころではなく、着いて早々に車に戻りました。

あまりにも強い雨なので花火は中止になるのではと思い、実行委員会に直接電話で聞いてみると「雨でもやります」とのことでした。

5時半くらいになると雨が止み人も出始めたので、再び湖畔に戻りました。
ただ、再び雨にならないか心配でした。

心配していたように、花火開始時刻の15分前頃から雨がパラパラと降り出しました。
開催者の話を信じ雨の中しばらく待っていると、開始時刻には花火は上がりましたが・・・しかし!
あまりにも激しい雨になり、そして今まで経験したことのない雷が鳴り響き危険だったので、貴重品以外を放置して急いで車へ戻りました。

目がおかしくなるほどピカピカと光続ける雷と豪雨!
外にいたら命の危険を感じるほどで、会場にいた大勢の観客は逃げまどいパニック状態でした。

大雨警報が出て、さすがに花火大会は中止。

当日の天気予報は晴れ、傘を持っていない人も多く皆びしょ濡れです。
レジャーシートをかぶって避難する人もたくさんいましたが、この雨は傘をさしていても防げません。

途中でヒョウも降ってきて、ほぼ毎年来ている諏訪の花火大会で初めての出来事です。

雨が少し落ち着いてきたころを見計らい、放置してきた荷物を回収して現地を離れました。

大雨の影響で電車は止まり、高速道路は通行止めです。
道路は大渋滞でしたが、塩尻へ抜ける峠が通行できたので、夜中の2時には帰宅できました。

列車などで来た人は帰れず、大勢の方が避難所として開放した市の施設などで一夜を明かしたようです。
県外から楽しみに来た人はかわいそうでした。

現地にいて思ったのですが、ニュースで報道されてない花火開始前の豪雨の段階で、花火開始中に再び同じ状況になった場合の備えをしておけば、これほどパニックにならなかったのではと思います。
実際対策をしてあの状態ならば仕方がないことですが、来たお客さんの話しを聞くと切なくなります。

何はともあれ、自分たちが無事帰宅できてよかったと思います。


スポンサーサイト

No title

こんばんは
あの日は松本も水が出るんじゃないかと心配するほどの大雨でした。
ニュースで見て 「何故この日に!」って思いました。遠くから来ていた子供さんや浴衣姿の女性が駅で困っている姿は痛々しかったです。
でも事故が起こらなくて良かった。
Skyさんも無事に帰宅できて良かったですね。

No title

息子一家も行ってました。
多分親戚宅に泊めていただいたと思います。

せっかくの花火なのに とっても残念。
でも sky君になにも被害がなくて?よかった・・^^;

rwさんへ

この日は松本も凄い雨が降ったみたいですね。

あまりにも雨が凄くて、ピークの時は車の運転もできない状況でした。

来ていたお客さんは残念がっていましたが、自然のことなので仕方ないですよね。

こたろうははさんへ

息子さんも行っていたのですね。

うちの親戚も行ってたみたいですが、小さい子供がいたので大変だったみたいです。

この日を楽しみにしていたので残念ですが、無事に夜帰れただけでも良しとしましょう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

Sky

Author:Sky
夢創り工房「小林建築設計事務所」スタッフのブログです。
ときどき所長も参加しています。
仕事のことから日々の出来事まで、その時に思ったこと、感じたことをつづります。

ホームページ
メール

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

カテゴリ

検索フォーム

お気に入りブログ

ブロとも申請フォーム

おすすめサイト

QRコード

QR

カウンター