FC2ブログ
設K日記    

建築士の日々の出来事

「お囲蔵」の再生

2009 - 05/15 [Fri] - 15:34

ここで当事務所が設計した「お囲蔵」福源酒造株式会社事務所の説明をさせていただきたいと思います。

この建物は、福源酒造が松本藩の元で年貢米の保管や凶作に備え、米穀を貯蔵した倉庫・郷蔵「お囲蔵」(1840年池田町豊町に建設、明治初期に池田町花見地区に移築)を譲り受け再利用し、池田町の歴史、文化を後世に伝え、地域の皆さんから親しみ愛され活用されていくことを主目的に造られました。

偶然にも池田町中央の福源酒造の用地は、松本藩松平丹波守康長の隠居城として、若松城を構築した城跡の中心にも位置します。

間口15間、奥行4間の大蔵は、柱はすべて栗で造られ構造はしっかりとしたものです。
梁、垂木も含め再利用し、当時の面影と重厚さを肌で感じ取れるよう表現しました。
ゾーニングは、事務所のエリアとイベントエリアを2分割し、領域にまたがるサービスゾーンを中間に配し、さまざまな企画に対応できるようフレキシブルにしてあります。

事務室は敷地全体を管理する場所でもあるので、アプローチより目に付きやすい所に位置付け、商品陳列を含めた売店を受付に設け、イメージアップに繋がる仕掛けを施しています。

有り難い事に「第28回 建築士事務所 全国大会 優秀賞」を受賞することができました。

この大会は、まず各都道府県で建築作品を出展し、優秀賞になった作品が全国大会に出場します。
長野県大会で優秀賞をいただいた「お囲蔵の再生」は全国大会に出場することとなり、ここでも優秀賞をいただくことができました。

第28回 建築士事務所 全国大会 建築作品表彰受賞作品一覧


fuku2.jpg
「外観」
この周辺にはいくつかの大きな蔵が点在していることから、商業面でのアピール方法と白壁との対比を考え、また施主の希望もあって、ベンガラの赤壁としました。


fuku3.jpg
「回廊」
新たに増設された回廊は、外部と内部の中間的な役目をしています。
壁は外部と同じベンガラ、床は黒御影石の上にカーペットが敷いてあります。


fuku4.jpg
多目的ホール「蔵の間」
既存の柱、梁など、ダイナミックな空間と歴史を肌で感じとることができます。
奥に食堂、休憩室と空間が繋がり、用途によって巾の広い使い方が可能となっています。


fuku5.jpg
2階「和室」
21帖の大広間は障子を開けると多目的ホール蔵の間へとつながり、活用の巾を広げています。


夢創り工房「小林建築設計事務所」

福源酒造株式会社 ホームページ


  

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobaado.blog26.fc2.com/tb.php/136-d6a2bc7d

 | HOME | 

プロフィール

Sky

Author:Sky
小林建築設計事務所スタッフのブログです。
ときどき所長も参加しています。
仕事のことから日々の出来事まで、その時に思ったこと、感じたことをつづります。

ホームページ
メール

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

検索フォーム

お気に入りブログ

ブロとも申請フォーム

おすすめサイト

QRコード

QR

カウンター